こばやしずだいありー

オーディオとか音楽とか色んな事書きます。

CDのエンファシスについて

お久し振りです。

最近自分、80年代の邦楽にハマりましてね。CDからレコード、カセットテープとやら色々集めているところなんですよ。

その中でも今最も気に入ってるのが「斉藤由貴」でして、その人のCDを集めていた矢先に起きた出来事を話します。

 

一週間程前でしょうか、やっとの思いで斉藤由貴のファーストアルバム「AXIA」を手に入れたんです。

もちろんPCでリッピングしてスマホに入れて聴いてたんですよ。

ふと、うちに古いCDプレーヤーがあるのを思い出しましてね、引っ張り出してきたんです。30年くらい前のものなのに、動作は全く問題なく、逆に快調に動いていると言ってもいいくらいでした。

そこで、買ったCD「AXIA」を再生してみたんです。再生してみると、見慣れない表示が出てきたんです。

f:id:Koba3235:20180118203608j:plain

「EMPHASIS」...

エンファシス...?見覚えのない単語に目を細めました。

とりあえず翻訳してみると「重点」と出てきました。意味を見て「特殊なCDなので、スタビライザーのようなものが発動している」と解釈してみました。

ですが、CDによりけりでスタビライザーが動くなんて聞いたことがないぞ...と思ったのでツイッターに投稿したところ、「コンパクトディスクの帯域を広く使うため、帯域を縮めて収録し、プレーヤー側で広く戻す」という風に教えてくれました。

特に高音域を上げるのだとか。だから微妙に音がキンキンしてたのかもしれないなぁ...

それに、どうやら高級なプレーヤーにしかついていない機能らしいんですよ。当時廉価機CDP使ってた人かわいそうですよねこれは...

 

で、別にこのプレーヤーで聴くだけだったら何の問題もなかったんですよ。問題は「リッピング」です。自分はMacBook Pro Early 2011でXLDでリッピングしています。XLDにはエンファシス処理(デエンファシス) 機能はついていません。

どうやらiTunesでは裏でエンファシスを検知して処理しているそうですが、iTunesリッピング性能はあまりにも質が低く、よく音飛び音が入ってリッピングされることが多々あるので、あまり使いたくないのです。それに比べ、XLDはとても正確にリッピングができ、今まで使ってきてノイズなど入った事すらありません。

できればその両方のメリットを含んだソフトが欲しい!って思ったのですが、それがWindowsのみでしてねぇ...

はて、どうしましょう。

 

とりあえず色々考えてみたんですよ。

そこで最初に思いついた事!

エンファシスというのはEQに似てるところがあるので、エンファシスが含む周波数帯域をそのままグライコで下げれば良いじゃないか!と思ってやってみたんです。ネットにあったエンファシスの帯域グラフを参考にして。

結果は大失敗。アジマス調整がめちゃくちゃになってるカセットデッキみたいな曇り音になってしまいました。

 

そこで色々調べていたところ、こんなサイトにたどり着いたのです。

Audacity Forum • View topic - Apply De-emphasis?

私自身、よく学園祭の音楽編集などで愛用しているAudacityを使った方法でした。

スレ主は「80年代の日本のCDでエンファシスが出てしまったんだけど、どうしたらいい?」という質問でした。まさに今の私と同じ...

このレスの最後にAudacity用のデエンファシスエフェクトのファイルを添付してあるじゃないですか!

早速このプラグインを導入してやってみました!

プラグインの導入方法については公式ページを参考にしてください。

 

今回、テストするCDはこちら

f:id:Koba3235:20180118214129j:plain

うる星やつらラムちゃん役・平野文さんが歌う、うる星ソングCDです!

なぜこのCDにしたかというと、斉藤由貴のCDはまだまだ現行版があって、そっちを買い直す予定でしたので、もう廃盤になっているこのCDを選びました。

f:id:Koba3235:20180118214328j:plain

盤面はこのような感じです。

私が現時点で確認しているところ、このデザインのポニーキャニオンのCDのほとんどにはエンファシスが導入されているそうです。

ここから推測するに、Fumiのラムソングもエンファシスが導入されている可能性が高いです。

現時点で

がエンファシスを含んでいることを確認しています。(ここの記載は更新する場合があります。)

初代のCDに割と多いですねぇ...

 

前置きが長くなりましたが、やっていきましょう。

f:id:Koba3235:20180118214854p:plain

まずはリッピングですね。自分はXLDでリッピングしているのでこのように表示されます。

今回はこの中の一つの音源、「01 平野文 - 殿方ごめんあそばせ.aiff」でテストしていきたいと思います。

Audacityに取り込むと...

f:id:Koba3235:20180118215122p:plain

こ れ は...

随分とキンキンした音というのが伝わってきますねぇ...まあ実際、高音が強いと前から思っていたんですけどね(笑)

まさかここまで強調されているとは思いもしませんでした。

 

さて、メニューから「エフェクト」を開いて、先ほど導入したプラグインを選択してみましょう。

f:id:Koba3235:20180118215321p:plain

 

選択するとこのようなウィンドウが出てくると思います。

f:id:Koba3235:20180118215407p:plain

この際、「管理」というボタンを押して「出荷時プリセット」から「デフォルト」を選択しておいてください。そうすれば正しい設定でデエンファシスができます。

そしてこのままOKを押してください。数秒でデエンファシス処理が完了すると思います。

 

f:id:Koba3235:20180118215808p:plain

随分と落ち着きましたね。実際音質もとてもバランスのとれた音に変わっています。

 

これでデエンファシス処理は完了です。あとはオーディオの書き出しから書き出しましょう。

 

この手順を全曲繰り返してください。なぜかただボタンを押すだけなのに自分は疲れました(汗)

 

まあこんな感じで今はPCでデエンファシス処理が可能なんですね〜

この盤はリマスターとかはされていないので、本当にこのプラグインには助かりました。もう感謝の一言です...

 

それではまた〜

(この記事のエンファシスCDリストは随時更新させていただく場合があります)

(もしこのCDにもエンファシスが入っているなどの情報をお持ちでしたら、是非ともコメントください。何年盤かわかると尚更良いです。)

Brasstracks & XO TOUR Llif3

最近大人気なLil Uzi Vert

「Money Longer」からじわじわヒットしてきましたが、遂に爆発的ヒット曲「XO TOUR Llif3」をリリースしましたね。

「XO TOUR Llif3」というのはThe Weekndのライブのイントロとして用意されたステージの名前だった気がします。そこにLil Uzi Vertも出てましたし。

最初XO TOUR Llif3のMVを見始めた時には、既に9000万回再生を超えていたのですが、昨日チェックしたところ「2億回」を超えていました。かなり驚いてます(笑)

リンク貼っておきますね。

f:id:Koba3235:20170713191902j:image

Lil Uzi Vert - XO TOUR Llif3 (Produced By TM88) - YouTube

因みにXO TOUR Llif3の「Llif3」の部分は「Life」を表現しています。

Lが2回打たれて、3はEとかけてあります。

 

この曲のプロデューサー、「TM88」って今まで全く知らなかったです。TM88を知ったおかげでSmokepurppのドープな曲を見つけることが出来ました(笑)

TM88プロデュースのSmokepurpp - Glock Inside My Benzです。

リンクどうぞ。

Glock In My Benz

Glock In My Benz

  • Smokepurpp
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

ちょっと前まではYoutubeに上がってたんですけど、なんか消されてました。

どうやら初期と後期でタイトルが違うようで、Geniusでの歌詞検索の時に少し迷いました。

初期が

Glock Inside My Benz」で

後期が

Glock In My Benz」に変わってます。

変わったのはタイトルのみのようで、歌詞などの変更はないようです。

このブログでは、初期のタイトルを使用してます。そっちの方が検索に割と引っかかりやすいので。

 

因みにGlock Inside My Benzというのは、「俺のベンツに銃が入ってるぜ」という意味です。

う~む...なんと言ったらいいのか...

 

まあここまでは余談です。ここからが本番!

前からよく色々な曲をカバーして、人気を集めてきた2人組ジャズバンド、「Brasstracks」

自分このアーティスト大好きで、殆どの楽曲聴いてます。

以前Brasstracksが公開していたオリジナル曲、「WE'RE BACK THO」

この曲とてもBrasstracksの味が出てて大好きなのですが、何故かSoundcloud上から消去されているという悲しみ....

まだYoutubeに上がっているので、是非とも聴いてみてください!

Brasstracks - We're Back Tho - YouTube

 

さて、今まで「R Kelly」や「Drake」、「FourFiveSeconds」などをカバーしてきたBrasstracks

つい2日前、なんとLil Uzi Vertの「XO TOUR Llif3」のカバーを出しました!

f:id:Koba3235:20170713190440j:image

Lil Uzi Vert - XO TOUR Llif3 (Brasstracks Cover) by Brasstracks | Free Listening on SoundCloud

 

いや~、もうこれは「最高」の一言しか言いようありませんね。

マイナーなコードに突き抜けるブラスの音色。

もう頭の中が「I don't really care if you cryyyyyyyyyyyyyyyy」状態です(?)

エレクトロドラムとリアルドラムの相性も抜群ですし、今までのBrasstracksがさらに良くなった楽曲だと思います!

「XO TOUR Llif3」は色々なリミックスやカバーが出ています。

Luca LushとかY2K、Facade & WVLFなどなど

遂にはバイオリンやコーラスカバーまで出ていましたが、Brasstracksのカバー兼リミックスが一番素晴らしいと私は思います!

 

あ、そうそう

「Brasstracks」これの一個前にKanye West - All Of The LightsのリミックスをTrapアーティストのAlexander Lewisとコラボして作ったから、そちらも是非聴いてみてくださいね

f:id:Koba3235:20170713191334j:image

Alexander Lewis & Brasstracks - All of the Lights by Alexander Lewis | Free Listening on SoundCloud

Spotify使ってる人はそっちでこの曲ストリーミングできるので、コチラからどうぞ

All of the Lights by Alexander Lewis on Spotify

これもXO TOUR Llif3のカバーに負けないくらい、素晴らしい出来ですよ!

All Of The LightsのAlexander Lewis & Brasstracks Coverは自分にとって希望が持てる曲の一つですね。

 

それではまた今度~

SHARP MD-ST531 "2000 AND BEYOND"

最近暑いしテストはだるいし色々ストレスが溜まってるこの頃です。

まあそんなときはよく気晴らしにハードオフに行くんですか、なんとも嬉しい収穫が。

 

f:id:Koba3235:20170623201657j:image

コチラ、MD-ST531のリゾートブルーです。

ハードオフで「MD読むが、音声出力されない」で¥1000でした。

f:id:Koba3235:20170623201826j:image

乾電池アダプタを除けば完品です。

あまり付いてこないポーチまでついてきて結構嬉しいです(笑)

実は最近良さげなMDプレーヤー用ポーチを探してましてね。

 

で、肝心な動作の方ですが...

店頭でMD貸してもらってテストしてみたんですよ。確かに読むけど音が完全に無音なんですよね。

そこで色々考えてたら、80分MDの筈なのに、MDプレーヤーには98分と表示されていて「パッ」と謎が解けました。

結論は簡単で、MDLP非対応の機種にMDLP録音したMDを入れてたために、無音になってたってことです!

非対応の機種に入れると無音になるんですよね~「TOC ERROR」とかそういうのは出ないですんなり再生しちゃうんです(笑)

 

でもこの機種、バッテリーが特殊で、ガムがもっとのっぺりしたような電池なんですよね。

f:id:Koba3235:20170623203527j:image

でもご安心を。まだまだ互換品はAmazonにありますので。

f:id:Koba3235:20170623203608j:image

上が純正で、下が互換品

リンク貼っときますね~

 

 さて、このモデル何かの節目っぽいモデルですよね。

f:id:Koba3235:20170623204215j:image

2000 AND BEYOND

「2000年とその次へ」(訳間違ってたらすいません(笑)

MDが出始めたのが1995年くらいなので、ようやく普及してきたって感じでこの名前を付けたっぽい気がします。

 

音質に関しては無駄なものを省いたとても素直な音が出ます。ソニーのMDPよりよっぽど音がいいです。

音質調整はBASSのみ。段階は3段階あります。

このBASSもまた程よく強調してくれて聴きやすいんですよね~

流石SHARPです!

実を言うと色々なポータブルMDを使ってきたんですけど、SHARPのモデルでハズレを引いたことがありません。今まで使ってきた全ての機種において、SHARPの音質がピカイチでした(笑)

 

次はリモコンの紹介です。

f:id:Koba3235:20170623214058j:image割れちゃってますが...

ELバックライト搭載のスティックリモコンです。フリックするような操作で音量調節、トラック選曲が行えます。

f:id:Koba3235:20170623214151j:image

コチラ側はPLAY MODEとSOUND

f:id:Koba3235:20170623214225j:image

コッチはHOLDです。

 

ついでに分解もしたので、記載しますね~

"分解は自己責任でお願いします"

f:id:Koba3235:20170623214838j:image

f:id:Koba3235:20170623214852j:image

ボディに見えている全てのネジを外して

上側の蓋を外して

f:id:Koba3235:20170623215025j:image

電池蓋を外して、ごっそり本体を抜きます。

電池蓋は引っ張ると簡単に取れますが、あまり力を入れないでやってみてくださいね~

f:id:Koba3235:20170623215052j:image

こんな感じの全景です

f:id:Koba3235:20170623215342j:image

裏側

 

この際、蓋のバネ類や蓋の支えなどがポロポロ落ちてくるので、たくさん写真を撮りながらやった方が安全です。

実際自分写真あまり撮らないでやったら、30分くらい組み立てに苦戦しました(汗)

f:id:Koba3235:20170623215615j:image

残った裏蓋です。

結構寂しくなるんですね(?)

 

組み立ては元あるパーツを、同じ場所に入れて、ネジ穴を慎重に合わせながら組み立てて行けば大丈夫です。

ネジ穴合わせが結構難しいので頑張ってください...

あとネジが細かいので、保管には気を付けてください。

 

最後に

f:id:Koba3235:20170623220557j:image

コイツはとっても低音が豊かで自分好みの音です。スタイリッシュでなかなか薄型。

節目の機種でもあるので、MD好きな方は是非一度入手してみてはいかが?

 

 

 

Panasonic RX-DT701入手!

どうもです〜

今回ラッキーなことに美品なPanasonic RX-DT701をハードオフにて¥1080で入手することが出来ました〜!

バックアップ電池部の液漏れ等も全くなく、実に綺麗な逸品です。

 

DT701というと丁度どのバブカセもAUXが搭載されていないのが多い年代に発売されたものですね。7ショックスピーカーで有名な壊れやすい電動トレイを搭載したVictor RC-X770も同じ年代です。

 

やはりAUXがないと不便なのでどうにかならないかと試行錯誤をしていたところ、FMトランスミッターという手を思いついたのですが、どれもシガーソケットから電源を供給するタイプで家庭での使用もアダプターを買えば可能なのですが、それらを揃えるとなるとかなりの金額に跳ね上がってしまうので諦めていたのですが、最近Amazonを見ていたらUSBメモリータイプの安価なFMトランスミッターが売ってることを発見しまして、「これは便利じゃないか!」と思い即購入しました(笑)

まだ届いてないのでレビューは後で書きますね〜

 

今回のバブカセも勿論ジャンクです。

ジャンク理由としては...

  • CDは回転もしない
  • DECK1のフォワード再生不可(ギア欠け)

のみの理由でした

f:id:Koba3235:20161128191657j:image

CDドライブはフレキが壊れてパーツ待ちのDT707君から頂くことにしました。多分CDはパーツ取りで買ってくるDT707からまた移植できるでしょう(笑)

 

カセットのギア欠けは放置です。もうPanasonicのカセットメカの宿命とも言える故障ですので(汗)

DT8も両デッキともフォワード再生不可ですし、Victor RC-X9のカセットメカもPanasonicのものなのでA/Bともに欠けて、なんとかもってたDT70、80もいっぺんに欠けてしまいました…

 

まだ整備もしてないのであまり深くレビューしてもあれなので今回はこの辺にしておきますね(笑)

 

それでは〜

 

SONY Discman D-101 ニコイチ修理

どうもお久しぶりです!

更新怠けてすいませんね(笑)

結構忙しいので更新が出来ませんでした..

 

今回も修理記事です。全て自己責任でお願いします。

 

さて、本題に入ります。

先日、ハードオフにてSONY Discman D-101をジャンクにて購入してきたのですが、よく確認しなかった私が悪いんですけど、見事にピックアップのフラットケーブルが切られてました。

その上、CDを載っける軸の部分にヒビが入ってしまっており、CDが擦ってしまうという最悪な状況でした...f:id:Koba3235:20161123092343j:image

雑な画像で申し訳ありません(笑)

作業に集中しすぎて写真を撮り忘れちゃいました

赤丸で囲ってあるところを見るとジャンパーが片方だけ切れて反対方向に反ってしまっていますよね。前オーナーが一体どういう取り扱いをしていたのか…ちょっと考えられませんね。

 

そこで泣き寝入りも嫌だったのでどうにかして復活させる方法をずーっと考えていたんですよ。そしたらDACが逝かれたD-145の存在を思い出しまして、「もしかしたら使えるんじゃね?」って思ってダメ元交換してみました。

f:id:Koba3235:20161123093011j:image

左:D-101 右:D-145

結構似てますよね。これならいけそうです!

f:id:Koba3235:20161123093232j:image

取り付けてみました。見事にピッタリハマって、3色コネクタも同じように挿さりました!

f:id:Koba3235:20161123093357j:image

なんの違和感もズレもありません...

ここまで見事に一致するとは思いませんでした(汗)

 

でも勝負はこれからです…

再生するかしないか...

 

結果は..

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Koba3235:20161123093636j:image

見事に再生しました!!

操作も一通りマトモですし、音飛びも少ないです!

イヤホン、LINE OUTからの出力も良好でDBBも効いています。

ただしイヤホンのボリュームにガリがあるのでそこら辺はまた後日修理しようと思いますw

 

D-101とD-145に互換性があるなんて検討もつきませんでした(汗)

しかも部品取りのD-145、ネットでポイント使って買ったので無料でしたので部品代¥0です!

 

今回行った修理をこの記事を見て実行する場合は必ず自己責任で行ってください。

 

それでは〜( ´ ▽ ` )ノ

SONY CDプレーヤー CDP-P79の修理

今回はハードオフにてSONY CDP-P79を¥864にて入手しました〜

まあまあ傷も少ない上に、音飛びは激しいが再生はするということで衝動買いしてしまいました(汗)

最近ハードオフのジャンクCDプレーヤーの価格が上がってますよね..

 

店員がネットなどを見て値付けされるのが一番厄介です。レアやら名機やらを探すのは当然向こうはやりますが、当時の定価を調べ、ジャンクの値札にこれみよがしに書かれるのが一番嫌なパターンです。

もう何十年も経っていて、ハードオフもどんな環境で使用されていたかのコンディションもわからないのにそんな高価な価格と当時の定価書かれましてもねぇ(怒)

 

と言っている私ですが、ガンガン買ってしまっています(笑)

やはりそのままの状態を目の前で確認できるので、ヤフオクよりも安心です。

何かと色々言いますが、ハードオフにはお世話になってます。ええ、勿論これからもハードオフに通い続けますよ(爆)

 

まあ愚痴はここら辺にしておいて、本題に入りましょう!

 

まず、状態としてはCDは再生するが..

  • 1曲目から3、5までが一切再生できず
  • 後半のトラックは問題なく再生

内部は少しホコリっぽい気がするので、まずは解体してみましょう!

この際、ネジが硬すぎてドライバーが滑ってしまいボディに深いキズを付けてしまいました..ネジ外し液を付けると一発で外れました。

f:id:Koba3235:20160802180610j:image

さて、これが内部です。

随分とアッサリした構造ですね〜

 

f:id:Koba3235:20160802180808j:image

まずピックアップを綿棒に水を湿らせて清掃してみたところ、読み込みは少し改善しましたが、まだ1トラック目付近の音飛びが激しいです。

どうやらピックアップレーザーレベル調整が必要なようですね...

 

f:id:Koba3235:20160802181133j:image

トレイを開けっ放しにして、電源を切るとピックアップが見えてきます。

f:id:Koba3235:20160802181356j:image

ピックアップに付いている基盤の白いネジのようなものがピックアップレーザーレベル調整用可変抵抗ですね。

f:id:Koba3235:20160802181511j:image

ピックアップはSONY製 KSS-211Aです。

 

では、ピックアップのレーザーレベル調整を行います。

注意 : ピックアップのレーザーレベル調整は本当では、しっかりとした測定器などが必要です。これから先の調整方法は推薦されない調整方法ですので、レーザーレベル調整は必ず自己責任で行ってください。そちらがこの記事を見て、調整し、故障や不具合、その他の問題や出来事が生じても、こちらは一切責任を負いません。

 

なにかと堅い話になってしまいましたが、気を取り直して進みましょう!

 

f:id:Koba3235:20160802182502j:image

ではポイントです。

  • 感覚的に一度ずつ慎重に時計回りに上げる
  • 2、3度上げたら、CDを読み込ませてみる。この際、ピックアップの光を直接見ないように注意してください。
  • あまり上げすぎないように気を付けてください。ピックアップが死んでしまいます...
  • 何度も上げて、読み込ませて、また調整しての繰り返しかと思いますが、頑張ってトライしてみてください。

 

自分は「ドンッ!」という振動で音飛びするくらいで調整をやめました。

そこまでCDプレーヤーの周りでドンドンしないでしょうし(笑)

それに、あんまり上げすぎるとピックアップの寿命が短くなってしまいますので(汗)

 

結果は完動品になりました〜!f:id:Koba3235:20160802183454j:image

 

やはり自分で直すっていいですよね〜(^^)

この機種の感想は後日書きます!

 

注意 : 必ずすべて自己責任でお願い致します。もしこの記事を見て、実行して、不具合や故障やその他の出来事がおきても、こちらは一切責任を負いません。

初めまして

この度、はてなブログを始めましたKobaです。

主に、「オーディオ」「音楽」「バブルラジカセ」「昭和やバブル期」などが好きです。

まだまだ初心者でネタなども貧弱かと思いますが、どうぞよろしくお願いします!